学会賞・助成金事業 Prize From An Academic Society・Subsidy Program

情報公開 Disclosure

学会賞、奨励賞は、スポーツ栄養学領域における研究活動や実践活動を推進していくために設置されています。
これらの賞は、学術集会時に前年度に刊行した「日本スポーツ栄養研究誌」に掲載された研究に関する論文(原著及び短報)と実践活動の報告(実践報告)から選出されます。

学会賞Prize From An Academic Society

  • スポーツ栄養学領域における研究活動及び実践活動に対し、顕著な業績のあった者で、
    現在も研究及び実践活動に従事している者を対象とします。
  • 受賞候補者は、本学会の正会員である個人です。
  • 『日本スポーツ栄養研究誌』に掲載された業績が対象となります。
  • 学会賞は、毎年2件以内とし、総会にて賞状を授与します。

奨励賞Prize For Emcouragement

  • スポーツ栄養学領域における研究活動及び実践活動に対し、
    将来の発展を期待し得る満40歳未満(受賞年の4月1日現在)の者を対象とします。
  • 受賞候補者は、本学会の正会員である個人です。
  • 『日本スポーツ栄養研究誌』に掲載された業績を対象とします。
  • 奨励賞は、毎年3件以内とし、総会にて賞状および副賞を授与します。

受賞者A Prize Winner

学会賞

●2020年度 該当者なし

●2019年度
 井上なぎさ(独立行政法人国立スポーツ科学センター)

●2018年度 該当者なし
●2017年度 該当者なし
●2016年度 該当者なし
●2015年度 該当者なし

奨励賞

●2020年度受賞者
 ①井上  瞳「スポーツ現場における栄養士の活動年数による状況別行動特性」
 ②小池 温子「高強度・間欠的および持久的な走行トレーニングに対するマウス骨格筋の糖・脂質代謝機能の
        適応に及ぼす中程度脂肪食摂取の影響」
 ③田井 勇毅「市民ランナーを対象とした食行動と食意識に関する調査」

●2019年度受賞者
 ①東郷 将成「高強度間欠的運動後におけるブドウ糖で作製したアイスクリームの摂取が男性競技者の
        インスリン分泌に与える影響」

●2018年度受賞者
 ①深澤  歩「糖質と同時に摂取する牛乳の乳脂肪分の有無が運動後の筋グリコーゲン回復に及ぼす影響」
 ②近藤 早希「運動時間の異なる一過性の水泳運動が糖質の消化・吸収に関わる酵素ならびに輸送体へ
        及ぼす影響」
 ③薮田  望「期分けにおける栄養教育の有無が大学スポーツ選手の身体組成やエネルギーと各種栄養素
        摂取量に与える影響」

●2017年度受賞者
 ①丸山まいみ「牛乳・糖質混合溶液の摂取が運動後のインスリン分泌に及ぼす影響
        -女子大学生を対象とした検討-」
 ②山上 隼平「2週間の高濃度茶カテキン含有飲料継続摂取が3,000mタイムトライアル評価値に及ぼす影響」

●2016年度受賞者
 ①稲井  真「糖質摂取のタイミングの違いが運動後の筋グリコーゲン回復率に及ぼす影響」
 ②佐藤  愛「大学生アスリートの食生活における変容ステージ及びセルフエフィカシー尺度の作成」

●2015年度受賞者
 ①清野  隼「トップスポーツ現場における栄養サポートの必要性」
 ②永澤 貴昭「競技者に対する栄養指導における弁当箱法の応用」
 ③松本なぎさ「トップスポーツ選手における食意識と期分け別食習慣の実態」

  • 学会賞助成金事業
  • 学会賞・奨励賞受賞者
  • 研究・食育支援事業成果発表