日本スポーツ栄養学会からのお知らせ News

ニュース詳細 News

研究誌のオンライン投稿・審査システムの運用開始および投稿規定・執筆要項の改訂のお知らせ

日本スポーツ栄養研究誌では、2018年9月3日より論文の投稿および審査をより迅速に行えるように、オンラインでの投稿・審査システムの運用を開始しました。
論文の投稿および審査の際には、下記URLにアクセスし、Web上で手続きを行ってください。
・オンライン投稿・審査システムのページ
https://www.editorialmanager.com/jjsn/

また、オンライン投稿・審査システムの導入にあわせて、投稿規定ならびに執筆要項も改訂致しました。原稿区分および倫理審査などに関する部分が大きく変更となっております。詳しくは、研究誌のページをご覧ください。
・日本スポーツ栄養研究誌のページ
http://jsna.org/journal.html

発表抄録提出のお願い

各位 日本スポーツ栄養研究誌vol.12では日本スポーツ栄養学会第5回大会で発表された一般演題の抄録を掲載いたします。
第5回大会プログラム・抄録集(14頁)に掲載されております「研究発表抄録作成要領」をご確認の上、9月30日までに日本スポーツ栄養研究誌編集事務局 jsna@med.omura.jp へご提出ください。
ご提出いただけない場合は、今後の学会大会での発表をご遠慮いただく場合がございますので必ずご提出いただけますようお願い申し上げます。

<原稿投稿・研究誌に関する問い合わせ先>
〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-12 JEI浜松町ビル8階
大村印刷株式会社 医学事業部内
スポーツ栄養研究誌 編集事務局
E-mail:jsna@med.omura.jp

コラム「スポーツ栄養と私」のページを更新しました

日本スポーツ栄養学会の会員の活動をコラム「スポーツ栄養と私」のコーナーにてご紹介いたします。

■フリーランスの 久保田 尚子(くぼた ひさこ)さん
のコラムを掲載中です。

次はどなたにバトンがリレーされるのかご期待ください。

▼下記リンクより会員ページへログイン後 コラムのページにお進みください。
http://jsna.org/login_members/

西日本豪雨で被災された方への第5回大会参加費返金について

特定営利活動法人 日本スポーツ栄養学会では、日本スポーツ栄養学会 第5回大会に参加予定で、この度の平成30年西日本豪雨により不参加となってしまった方に対して、参加費の返金を行う事を決定いたしました。
会員・非会員かどうかは問いません。もし知り合いに、被災に遭われた方がおりましたら、お知らせして頂きますようお願い申し上げます。
返金をご希望される方は「申請書」をダウンロードして、必要事項を記入の上、学会事務局までFAX・MAILにて申請して下さい。なお、返金申請は、2018年12月末日を締め切りとさせていただきます。

申請書は こちら からダウンロードできます。
(なお、FAX・MAIL添付が不可能な方は、必要事項をメール本文に書いて下記アドレスにメールしていただいても結構です。)

必要事項
 1.お名前、2.所属、3.連絡先、4.返金申請額(事前参加申し込みでお支払いいただいた額)、
 5.返金先口座(銀行、支店、口座種類、口座番号、名義、名義ヨミ)

[申請・お問い合わせ先]
特定非営利活動法人 日本スポーツ栄養学会
FAX:03-5981-6012
MAIL:jsna@asas-mail.jp

熱中症予防について

スポーツ活動を行うみなさま

本夏は、スポーツ活動中の熱中症により、救急搬送されたり、大切な命が失われたりする事案が全国各地で増加しております。
気温、湿度を意識したスポーツ活動をこころがけ、時間の変更・短縮、中止など、適切な判断を行ってください。
活動を行う場合は、水分をこまめにとり、おかしいなと感じたら、涼しい場所で休憩しましょう。
スポーツ活動実施の判断や、熱中症の予防の為に、日本スポーツ協会ホームページ「熱中症を防ごう」も参照してください。
・日本スポーツ協会HP「熱中症を防ごう」
 http://www.japan-sports.or.jp/medicine/heatstroke/tabid523.html

スポーツ活動を指導する皆様へ

暑熱環境の悪化により、夏季のスポーツ活動における熱中症事故防止の取り組み強化は急務です。
スポーツ大会や合宿等へ参加する機会が増えると思われますが、環境省ホームページ「熱中症予防情報サイト」などを参考に、高温多湿時には、スポーツ活動の時間の変更、短縮、空調設備の整った場所への移動、内容の変更、あるいは中止など、柔軟な対応をお願いいたします。
スポーツ活動を実施する場合には、参加者の健康管理・観察を行ない、体調に不安のある者は休ませる、活動前、活動中、終了後のこまめな水分補給を行うなどして、事故の予防に努めましょう。
熱中症の疑いが見られた場合には、早期の水分・塩分補給、身体の冷却、病院への搬送など、適切な対応の徹底をお願いいたします。
・日本スポーツ協会HP「熱中症を防ごう」
 http://www.japan-sports.or.jp/medicine/heatstroke/tabid523.html
・環境省HP「熱中症予防情報サイト」
 http://www.wbgt.env.go.jp/

栄養サポートに関わっておられる本学会会員の皆様 公認スポーツ栄養士の皆様

熱中症は正しい知識と対処があれば予防することが可能です。皆様が関わっておられる栄養サポートにおいても、十分な水分補給や疲労回復に留意し、熱中症発症防止にお努めくださいますようよろしくお願いいたします。

第5回大会報告書を公開しました

2018年7月21日、22日開催の日本スポーツ栄養学会 第5回大会の報告書を公開いたしました。

▼下記リンクより会員ページへログイン後 大会報告のページにお進みください。
http://jsna.org/login_members/

日本スポーツ協会会長メッセージが公開されました

2018年7月18日、日本スポーツ協会会長より「スポーツを愛するすべての人へ」メッセージが公開されております。
興味のある方はぜひご覧ください。

http://www.japan-sports.or.jp/news/tabid92.html?itemid=3770

コラム「スポーツ栄養と私」のページを更新しました

日本スポーツ栄養学会の会員の活動をコラム「スポーツ栄養と私」のコーナーにてご紹介いたします。

■フリーランスの 大滝 千賀子(おおたき ちかこ)さん
のコラムを掲載中です。

次はどなたにバトンがリレーされるのかご期待ください。

▼下記リンクより会員ページへログイン後 コラムのページにお進みください。
http://jsna.org/login_members/

日本スポーツ栄養研究誌での「早期公開」導入について

このたび、本学会では2018年4月より投稿された論文の早期公開を導入しましたのでお知らせいたします。
早期公開とは、審査・査読を経て採択となった論文から順次公開をするものです。
早期公開の対象となる論文の種別は、原著、短報、実践報告、活動報告、資料 とします。
早期公開された論文は、後日、巻・開始頁が確定した時点で本公開を行います(通常公開版)。
なお、早期公開版ですでに校了となっているため、通常公開までの間の修正はできません。
みなさまのご理解と、また、今まで以上のご利用・ご投稿をお願い致します。

▼下記リンクより会員ページへログイン後 研究誌ダウンロードのページにお進みください。
http://jsna.org/login_members/

会員専用ページ「スポーツ栄養国際交流」のページを更新しました

日本スポーツ栄養学会は国際組織であるPINES(Professionals in nutrition for exercise and sport) の団体会員として登録をしています。
PINES のニュースレターVol.10の日本語訳を更新いたしましたので、ぜひご覧ください。

▼下記リンクより会員ページへログイン後「スポーツ栄養国際交流」ページにお進みください。
http://jsna.org/login_members/

コラム「スポーツ栄養と私」のページを更新しました

日本スポーツ栄養学会の会員の活動をコラム「スポーツ栄養と私」のコーナーにてご紹介いたします。

■十文字学園女子大学の 徳野 裕子(とくの ゆうこ)さん
のコラムを掲載中です。

次はどなたにバトンがリレーされるのかご期待ください。

▼下記リンクより会員ページへログイン後 コラムのページにお進みください。
http://jsna.org/login_members/