学術集会・セミナーAnnual Meeting・Seminar

学会大会・総会Annual

NEW!

日本スポーツ栄養学会 第6回大会

※詳細は決定次第、順次掲載いたします

会期 2019年 8月23日(金)〜25日(日)
会場 東京大学駒場Ⅰキャンパス
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/campus-guide/map02_02.html
大会長 寺田 新(東京大学 大学院総合文化研究科 生命環境科学系)
学会テーマ 研究と実践で築くスポーツ栄養の科学的基盤



日本スポーツ栄養学会 第5回大会(終了しました)

※詳細は決定次第、順次掲載いたします

会期 2018年 7月21日(土)〜22日(日)
会場 同志社大学今出川キャンパス良心館
〒602-8580 京都府京都市 上京区今出川通り烏丸東入
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/buildings/imadegawa.html
#ryoshinkan_building
大会長 石井 好二郎 (同志社大学スポーツ健康科学部教授)
学会テーマ スポーツ栄養:Art, Craft & Science
参加費 ※正会員、学生会員は(不課税)、その他(税込)です。
  正会員 学生会員 一般 一般学生 懇親会費
事前受付 9,500円
(不課税)
3,500円
(不課税)
12,000円
(税込)
6,000円
(税込)
7,000円
(税込)
当日受付 11,000円
(不課税)
4,000円
(不課税)
13,000円
(税込)
7,000円
(税込)
※事前参加登録は、参加費の入金を以て完了いたします。
※期日までに参加費の納入が確認できない場合は、お申込みはキャンセルとなりますのでご注意ください。
※参加費はいかなる理由があっても返納いたしませんので、ご了承ください。
プログラム ・開催案内(PDF)
・日程表(PDF)
・プログラム(PDF)
<7月21日(土)> 【大会長講演】9:00〜9:40
温故知新 〜スポーツ栄養学外史〜(仮)
演者:石井好二郎(同志社大学)
座長:寺田  新(東京大学)

【教育講演】17:00〜18:00
うまさの科学 京の出汁(ダシ)(仮)
演者:伏木 亨(龍谷大学、京都大学名誉教授)
座長:吉岡美子(京都産業大学)

【特別講演】11:30〜12:00
日本料理の文化と味覚(仮)
演者:高橋拓児(京料理「木乃婦(ミシュラン1星)」三代目主人、修士(農学))
座長:石原健吾(龍谷大学)

【日本臨床スポーツ医学会・日本スポーツ栄養学会合同シンポジウム】14:50〜15:20

【スポンサードシンポジウム1】14:50〜16:50(第1会場)
テーマ:運動・栄養・そして休養としての睡眠
座長:伊藤 洋(東京慈恵会医科大学、日本睡眠学会前理事長)
シンポジスト:
「健康な子どもの眠りとはなにか。眠りのリズムから考える」
   福田一彦(江戸川大学)
「中高年における睡眠改善の重要性と睡眠マネジメント」
   田中秀樹(広島国際大学)
「睡眠不足と骨代謝〜短時間睡眠は、新しい骨代謝障害の生活習慣リスクである〜」
   栗山長門(京都府立医科大学)
「いきいきと働くための睡眠のあり方」
   中田 光紀(国際医療福祉大学)
「大塚製薬が考える睡眠」
   甲田 哲之(大塚製薬株式会社)
共催:大塚製薬株式会社

【シンポジウム】9:50〜11:20
シンポジウム1
テーマ:国内におけるアンチ・ドーピング活動の現状
座長:北條達也(同志社大学)
個人競技のNFの対応の現状
   北條達也(同志社大学)
アスリートの視点から
   早狩実紀(3000m障害日本記録保持者、北京五輪日本代表、同志社大卒)
指導者の視点から
   伊東浩司(甲南大学、前100m日本記録保持者、アトランタ&シドニー五輪日本代表)

シンポジウム2
テーマ:国立スポーツ科学センターにおける栄養支援
座長:亀井明子(国立スポーツ科学センター)
シンポジスト:
障がい者アスリートの栄養研究―エネルギー代謝ー(仮)
   元永恵子(国立スポーツ科学センター)
冬季パラリンピック選手の栄養支援(仮)
   吉野昌恵(国立スポーツ科学センター)
冬季オリンピック選手の栄養支援(仮)
   石橋彩(国立スポーツ科学センター)
体重階級制競技の栄養支援(仮)
   近藤衣美(国立スポーツ科学センター)

シンポジウム3
テーマ:サルコペニア予防・改善のための運動・栄養効果と新たな分子機序
座長:家光 素行(立命館大学)
シンポジスト:
運動介入の効果を規定する要因
   町田修一(順天堂大学)
栄養介入の分子作用機序解明と抗サルコペニアへの応用
   橋本健志(立命館大学)
腸内細菌叢が身体活動性そして骨格筋に影響する?サルコペニアにも?
   矢野博己(川崎医療福祉大学)
サルコペニアに関わる新規マイオカイン
   家光素行(立命館大学)

【ランチョンセミナー】12:10〜13:10
ランチョンセミナー1(第2会場)
座長:町田 修一(順天堂大学)
演者:亀井 康富(京都府立大学)
演題:運動によって代謝のスイッチをオンにするタンパク質の発見:PGC1α遺伝子改変マウスのメタボローム解析
共催:ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社

ランチョンセミナー2(第3会場)
座長:森下 純一(協和発酵バイオ株式会社)
演者:John Tenorio(協和発酵バイオ株式会社)、西村 明仁(協和発酵バイオ株式会社)、
   鈴木 いづみ(順天堂大学)、和田 武真((公財)日本オリンピック委員会)
演題:アミノ酸摂取の新常識 -運動のPre・Intra・Post に求められるアミノ酸について-
   【第1 部】世界のアミノ酸のプレ、イントラ、ポスト事情(同時通訳)
   【第2 部】アミノ酸に関する世界の最新スポーツ栄養学
   【第3 部】日本トップアスリートのアミノ酸使用事情(対談)
共催:協和発酵バイオ株式会社

ランチョンセミナー3(第4会場)
座長:海老 久美子(立命館大学)
演者:村野 あずさ(株式会社明治)
演題:平昌五輪 スピードスケート 金メダリスト 高木美帆選手への栄養改善 〜「食行動の変容」を促す栄養サポート〜
共催:株式会社明治

一般演題(口演・ポスター)など
懇親会(京都ガーデンパレス)
<7月22日(日)> 【教育講演】
11:10〜12:10
久山町研究:代謝性疾患の時代的推移とその背景(仮)
演者:二宮利治(九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野)
座長:高田和子(国立健康・栄養研究所)
13:30〜14:30
糖質制限食の誤解と真実(仮)
演者:山田 悟(北里大学北里研究所病院・糖尿病センター)
座長:木村典代(高崎健康福祉大学)

【大会長特別企画】15:40〜16:30
テーマ:あの時君は若かった〜私の京都時代〜
演者:田口素子(早稲田大学)
   鈴木志保子(神奈川県立保健福祉大学)
座長:石井好二郎(同志社大学)

【国際交流セッション】13:30〜14:30

【競技を知る】14:40〜15:40
テーマ:陸上競技女子中・長距離種目について
演 者:早狩実紀(3000m障害日本記録保持者、北京五輪日本代表、同志社大卒)

【スポンサードシンポジウム2】10:40〜12:10(第1会場)
前編(60分)国際ガイドライン
座長:鈴木良雄(順天堂大学)
演者:斉藤裕子(株式会社ドーム)
演題:栄養とアスレティックパフォーマンス
   (栄養と食事アカデミー、カナダ栄養士会、米国スポーツ医学会)の活用
演者:鈴木いづみ(順天堂大学)
演題:国際スポーツ栄養学会の見解声明 Protein and Exercise に基づく
   スポーツ選手のたんぱく質摂取の新たな考え方
後編(30分)サプリメントのアンチドーピング認証
座長:北條 達也先生(同志社大学)→(変更)吉川貴仁先生(大阪市立大学)
演者:青柳清治(株式会社ドーム)
演題:我国におけるスポーツサプリメントのアンチドーピング認証プログラムの実態
共催:株式会社ドーム

【シンポジウム】10:40〜12:10
シンポジウム4
テーマ:スポーツ栄養学 〜教育の現場から〜
座長:海老久美子(立命館大学)
シンポジスト:
体育・スポーツ科学系教員が担当する体育・スポーツ科学系学部のスポーツ栄養学
   海老根直之(同志社大学)
管理栄養士教員が担当する体育・スポーツ科学系学部のスポーツ栄養学
   松本 恵(日本大学)
農学系教員が担当する管理栄養士養成課程のスポーツ栄養学
   石原健吾(龍谷大学)
管理栄養士教員が担当する管理栄養士養成課程のスポーツ栄養学
   目加田優子(文教大学)

シンポジウム5
テーマ:公認スポーツ栄養士の「課題」とこれからの「可能性」
座長:松島佳子(愛知淑徳大学)
シンポジスト:
スポーツの現場から
   望月 聡(びわこ成蹊スポーツ大学、元なでしこジャパンコーチ)
管理栄養士採用の現場から
   高戸良之(シダックス株式会社)
公認スポーツ栄養士の立場から
   こばたてるみ(株式会社しょくスポーツ)

【ランチョンセミナー】12:20〜13:20
ランチョンセミナー4(第1会場)
座長:禰屋 光男(びわこ成蹊スポーツ大学)
演者:荻田 太(鹿屋体育大学)、松田 丈志(鹿屋体育大学)
演題:競泳選手の栄養戦略を支えるスポーツ科学 ―強化現場と研究の視点から―
共催:味の素株式会社

ランチョンセミナー5(第2会場)
座長:海老 久美子(立命館大学)
演者:雑賀 慶二(東京農業大学)
演題:玄米の機能性を残した美味しいお米で免疫力アップ!(病気にならない体づくりを)
共催:東洋ライス株式会社

ランチョンセミナー6(第3会場)
座長:石井 好二郎(同志社大学)
演者:宮澤 陽夫(東北大学)
演題:遺伝子解析でみた日本食の栄養特性
共催:株式会社サン・クロレラ

ランチョンセミナー7(第4会場)
座長:古賀 泰裕(東海大学)
演者:松岡 隆史(株式会社 湖池屋)
演題:口腔プロバイオティクスとスポーツ栄養
共催:株式会社湖池屋

一般演題(口演・ポスター)など
Fun Walk スポーツ栄養士自身が身体を動かして自ら健康的な生活をアピールする目的で京都御苑を歩くという企画です。同志社女子大学楽真館前から京都御苑内を回り、同志社女子大学へ戻ります。

<参加者への案内>
開催日:7 月22 日(日)雨天決行
受 付:6:45(イベント特製Tシャツ着用でお越しください。また、チェックイン時にスポーツ
   ドリンクをお受け取りください。)
   ※受付からスタートまでの時間に、集合場所である楽真館前でラジオ体操の音楽を
    流しますので、準備体操を終えておいてください。
スタート:7:10
閉会式:8:00
集合場所:同志社女子大学 楽真館前(予定)
参加資格:日本スポーツ栄養学会第5 回大会参加者
参加定員:300 名
参加費:1,000 円(スポーツ保険代含む)
参加賞:アンダーアーマー製イベント特製TシャツとDNS スポーツドリンク1本
   ※事前申し込みされた方はTシャツを前日7 月21 日(土)に会場にてお受け取りください。
   (男性:S・M・L・XL、女性:S・M・L・XL から選択)
共 催:日本スポーツ栄養学会第5 回大会 / 株式会社ドーム

<参加にあたってのご注意>
   ・当日体調が悪くなった場合は参加を見合わせてください。
   ・ご用意いただきたいもの:タオル、シューズ、歩きやすい服装、健康保険証

注意事項:
   1.主催者が危険と判断した場合は、棄権していただくことがございます。
   2.お支払い後のご返金はできかねますので、ご了承ください。
   3.悪天候により開催が不可能と判断した場合は、当日朝、事前参加登録されたメールアドレス宛にご案内いたします。
   4.競技中に発生した事故については程度に係らず、主催者に届け出てください。
   5.当日はTシャツのまま気軽な格好で学会に参加しましょう。
参加申し込み

参加・演題・宿泊登録は こちら から

参加登録期間:2018年3月1日(木)〜6月7日(木)  ※締切延長しました

<お問い合わせ先>第5回大会運営事務局
株式会社JTB 西日本MICE事業部
〒541-0058
大阪市中央区南久宝寺町3-1-8MPR本町ビル9階
Tel:06-6252-5049 Fax:06-7657-8412
営業時間:9:30〜17:30(土・日・祝祭日は休業)
E-mail:5jsna@jtb.com
趣意書 【本学会の趣旨にご賛同賜りご協力頂けます企業の皆様へ】

抄録集の広告、学術集会ブース展示、ランチョンセミナーに関するご案内は 趣意書 をご覧ください。
取材について 取材にあたっての注意事項およびお願い

①日本スポーツ栄養学会第5回大会事務局に撮影の目的・撮影者氏名・希望日時・方法(写真撮影・ビデオ撮影及び録音)・持ち込み機材等を記した所定の撮影申込書を提出し、あらかじめ許諾を取得してください。
②取材活動にあたっては取材規定をご確認いただき、ご来場当日、必ず総合受付にお立ち寄りの上、お名刺・同意書と引き換えにプレス証を受け取ってください。
③下記規定のもと、運営スタッフの指示に従ってください。お守りいただけない場合、入場をお断りすることがあります。
④特殊な機材や電源が必要となる機材の持ち込みにあたっては、事前に大会事務局に問い合わせていただけますようお願いいたします。設備上、使用できない機材があった場合、お断りさせていただくこともございます。あらかじめご了承ください。
⑤開催期間中、個人への取材目的に関して、総会事務局、ならびに運営事務局では、アポイントメントやスケジュールの調整、取材の仲介等は一切行いません。あらかじめご了承ください。

【書類ダウンロード】
取材規程(PDF)
取材申込書(Word)
取材規程同意書(Word)